冬なのに顔がベトベト?その原因のほとんどは肌の乾燥によるもの!オイリー肌でも必要な乾燥対策まとめ

冬なのに顔がベトベト?その原因のほとんどは肌の乾燥によるもの!オイリー肌でも必要な乾燥対策まとめ

高温多湿な夏の時期の悩みどころといえばオイリー肌
夏も終わり、秋冬になれば落ち着くかなと思っていたら、より一層のあぶらが発生!
なんで!?と思っている方も多いと思います。

実は空気も肌も乾燥してしまうこの季節、肌が乾燥することにより肌環境を守ろうと皮脂が過剰に分泌され、その結果オイリー肌になってしまう。
その皮脂を取り除こうとサッパリ系の洗顔料でしっかりと洗顔すると、また肌が乾燥し、その結果皮脂の過剰分泌が発生。
まさに負の連鎖になってしまいます。

こんな経験ありませんか?
洗顔後はさっぱりするけど、すぐにカサカサになる。
しばらくするとカサカサは落ち着くが、ほどなくべとつきが出てくる。

このような症状の方はスキンケア方法を見直すことをおすすめします。



冬のオイリー肌対策の基本

自分の肌質はオイリー肌だから冬の乾燥対策は必要ない。
そういう考えからこれまで使用していたのと同じサラサラ系の洗顔料を使用し、洗顔後のケアも行わない。
これが冬のベトベト肌の原因となることは前述の通りです。

オイリー肌にうるおいを与えたら、よりオイリーになってしまうのでは?
この考えは間違えです。
オイリー肌対策は夏でも冬でも皮脂の過剰分泌を抑えること。
スキンケアの基本は肌環境を正常な状態に保つことなんです。
よって冬場は乾燥による影響を与えないことが重要となります。

肌の乾燥対策としてお手軽なのがしっとり系洗顔料化粧水保湿クリームの使用です。
特に日常的に髭剃りを行い肌荒れがちな男性にとって、化粧水や保湿クリームの使用は必須であるとわたしは考えています。

冬のオイリー肌におすすめな「うるおい洗顔料」

まずは洗顔料です。
基本は「うるおい成分配合」を謳っている製品がおすすめです。
また、オイリー肌の方向けにはある程度の洗浄力があった方が良いと思います。
それは、洗顔後に化粧水や保湿クリームによるケアを行うことを前提としたお話です。
しっかりと洗い、その後に肌内部へとうるおい成分を浸透させ、閉じ込め、乾燥しないよう保湿する。
冬のオイリー肌には洗顔・保湿の2ステップが最低限必要だと考えます。

ブルドッグ(Bulldog) オリジナル フェイスウォッシュ

まず最初におすすめするのがイギリスのブランド「ブルドッグ(Bulldog)」の洗顔料です。
メンズ用洗顔料ということで洗浄力も高く、保湿成分としてはアロエベラ葉汁が使用されています。
また、人工着色料・合成香料・動物由来成分不使用のため、各種アレルゲン物質などの影響を受けやすい方でも安心して使用できます。
香りはハーブ系で洗いあがりのさっぱり感を演出。
さっぱり&しっとりを実現したバランスの良い洗顔料だと思います。

BULK HOMME(バルクオム) THE FACE WASH 洗顔料

続いてはメンズ専用化粧品で定番ラインナップも多い「BULK HOMME(バルクオム)」の洗顔料です。
この洗顔料の特徴はその洗顔方法。
ゴシゴシと洗うのではなく、製品をしっかりと泡立てて、その泡に汚れを吸着させることで、洗顔時に生じる摩擦を極限まで抑えながら洗浄します。
摩擦など肌への刺激は、その刺激から肌を守ろうと働く過剰な皮脂分泌やニキビなどの症状悪化に繋がります。
THE FACE WASHは優しく且つしっかりと洗浄することに拘った洗顔料だといえます。

乾燥を防ぐ美容成分としては「グリセリルコシド」や「加水分解シルク」を配合。
これらがうるおいのベールを作り、肌のつっぱりを抑えてくれます。

なお、THE FACE WASHなどの製品の泡立て用に専用の泡立てネットが販売されています。
泡立てネットは百均などでも売っていますが、やはり専用のネットは濃厚できめ細かい泡が大量に作れるとAmazonなどの通販サイトでもかなり売れています(本記事掲載時点でAmazon「洗顔」ランキングで3位)。
THE FACE WASHを購入するなら泡立てネットも同時購入することをおすすめします。

カウブランド 無添加泡の洗顔料

モコモコ泡で行う優しく低刺激な洗顔は冬のオイリー肌対策として有効です。
しかし、いちいち泡立てるのがめんどう!
そんな方には「カウブランド」の泡洗顔料がおすすめです。

ポンプ式でそのまま泡が出てくるので泡立て不要。
製品名にもあるとおり無添加製品なので、肌荒れが気になる方にも安心です。
保湿成分としては天然由来セラミド配合。
肌を乾燥からしっかりと守ってくれます。

女性をターゲットとした製品ですが、もちろん男性でも使用可能です。
洗浄力としてはマイルドで洗いあがりの爽快感としては少な目です。
今、使用している洗顔料が原因による肌のヒリヒリやカサカサが気になっている方は、このくらい低刺激な製品の方が良いのではないかということで、ご紹介させていただきました。

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) ボタニカル オイルコントロール & フェイスクレンザー

特にオイリー肌の方に評判が良い「クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) 」の洗顔料です。
製品名の通り、オイリー肌の方に特化した洗浄力が自慢の製品となります。

肌の表面では古い角質や油分をしっかりと洗い流し、肌の内側では水分・油分のバランスをコントロール。
オイリー肌用の製品の中ではしっとり感は高め。
特にベトベト感が強く感じられる方におすすめしたい製品です。




冬のオイリー肌におすすめな「オールインワン化粧水・保湿クリーム」

洗顔後は洗顔料を水やお湯で洗い流します。
その状態の顔はまさにむき出しの状態で、放っておくとあっという間に肌が乾燥し、今回のテーマであるオイリー肌の原因となる過剰な皮脂分泌が始まってしまいます。
洗顔料に含まれる保湿成分は微力です。
化粧水や保湿クリームなどによりしっかりとした水分保持・蒸発防止を行うためのつなぎくらいなものと考えてください。

冬のオイリー肌の原因についてもっとわかりやすくいえば、顔表面のうるおいを化粧品で防ぐ自らの皮脂で防ぐかの違いです。
皮脂は触ればベトベト、見た目はテカテカ、さらには肌環境のバランスを崩し、ニキビや発疹などの原因にもなります。
できれば、サラサラした化粧品で防ぎたいですよね?
ということで、冬場は特に洗顔後のうるおい対策が重要なのです。

うるおい対策としては有効な化粧品としては肌に水分を与える「化粧水」、水分を保持する「美容液」、水分の蒸発を防ぐ保湿クリーム」などがあります。
男性向けにはこれらの効果を広くカバーできるオールインワン化粧水美容液の成分もプラスされた保湿クリームが人気のようです。

ブルドッグ(Bulldog) オイルコントロール モイスチャライザー

洗顔料でもご紹介した「ブルドッグ(Bulldog)」ではオイリー肌用の保湿クリームが発売されています。
もちろん、Bulldogの洗顔料と併せて使用することを考慮して開発されたものです。

洗顔料同様に無添加の製品なので、肌への負担が少なく安心して使用できます。
また、肌の引き締めに効果があるヘーゼルやジュニパー、キメを整えるウィローバークなど、美容成分も多く配合されています。

肝心な使用感ですが、クリームの伸びが良く、べたつきがほとんどありません。
また、洗顔後や髭剃り後に使用した際、肌のかさつきが気にならないレベルまで保湿してくれます。
酷い乾燥肌には効果が少なそうですが、オイリー肌にはちょうどよい保湿力だと思います。

HMENZ(メンズ) オールインワンウォーター

メンズ用シャンプーやスキンケア製品が人気の「HMENZ(メンズ)」からはその名の通りオールインワンの化粧水が発売されています。
これ1本で化粧水、美容液、乳液の役割を果たし、洗顔後や髭剃り後の肌を整えてくれます。

この製品も無添加で、化粧品の配合成分により肌トラブルが発生した経緯がある方でも安心して使用することが可能です。

売り文句は「8秒スキンケア」。
慌ただしい朝、仕事で疲れた夜。
忙しく美容に時間が取れない男性でも手間なくできるスキンケアなので、めんどうなケアは続けられる自信がない方に特におすすめな製品です。

オルビス(ORBIS) ミスター スキンジェルローション

女性向けコスメで有名な「オルビス(ORBIS)」のメンズラインナップ「Mr.(ミスター)シリーズ」のジェルタイプローションです。
同シリーズの洗顔料「ミスターフェイシャルクレンザー」がありますが、ちょっと洗浄力が強すぎる印象がありましたので、この記事ではご紹介していません。
しかし、このスキンジェルローションはオイリー肌対策と乾燥対策という対照的な問題についてバランスよく対応できるちょうど良い製品なので、是非おすすめしたく掲載しました。
伸びが良くとにかくべとつかない印象。
あまりに伸びが良いので、ローションをつけた感がなく、ついつい使いすぎてしまいそうになります。
この「つけた感」がないことがオイリー肌の方にはちょうど良く、実はしっかりと肌に浸透し、乾燥を防いでくれています。

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO)  ボタニカル ローション & アフターシェーブ

洗顔料でもご紹介した「クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO)」のオールインワン化粧水です。
メンズスキンケアにおいては洗顔+オールインワン化粧水の2ステップが主流。
とくにQUATTRO BOTANICOの洗顔料とこのオールインワン化粧水のセットは鉄板で、通販サイトでもセットでよく売れています。

この製品は押さえるべきところを押さえているといった印象です。
植物由来天然成分の安心感。
高い保湿力。
肌にハリを与えてくれるビルベリー葉エキスなどのエイジングケア成分を配合。
すべてが詰まったオールインワンなので、はたくだけの簡潔さ。

肌への浸透も良く、保湿力は想像以上なので、オイリー肌の方は冬専用になると思います。
乾燥肌の方はつける量を調整すれば4シーズン使えると思います。
とにかくすぐれた保湿力が魅力の製品です。




まとめ

今回は冬のオイリー肌対策として有効な洗顔料と洗顔後につける化粧水・保湿クリームなどについてご紹介させていただきました。
個人的に洗顔料は肌にやさしく洗浄力も強いBULK HOMME、オールインワン化粧水は保湿力が高いQUATTRO BOTANICOをおすすめします。
その理由は、洗顔による肌への刺激や肌の乾燥が冬のオイリー肌の原因だったと気づけるからです。
肌の水分量は化粧水の量で調整ができます。
どんな肌環境にも合うのがこの組み合わせだと思います。

最初はサッパリ、ほどなくカサカサ、その後ベトベト。
そんな症状の方は是非おためしいただきたいと思います。

スキンケアカテゴリの最新記事