ダイエットにストレスを感じている方にはリバウンド知らずの「脂肪溶解注射」がおすすめ

ダイエットにストレスを感じている方にはリバウンド知らずの「脂肪溶解注射」がおすすめ

パーソナルトレーニングジムやスポーツジムに通い、厳しいトレーニング辛い食事制限などを行ったけれど、それを辞めた途端にあっという間に元に戻ってしまったなんて話を良く聞きます。
元に戻るだけならまだしもリバウンドしてしまい、高いお金を払って逆に太ってしまうという最悪の結果になってしまうことも…

ダイエットしようと志し、その時は新しいことを始めたことに対する「やってる感」や少しずつ体重が減っていくことへの「満足感」などで満たされますが、いずれ壁にぶつかるのです。

  • 体重が思うように減らなくなる
  • ストレスが溜まる
  • 体のバランスが崩れ、肌や髪の毛などに悪影響が出る
  • 日々の積み重ねに飽きる

このサイトでも多くの記事で書きましたが、ダイエットをはじめ美容全般は「継続すること」がとても重要です。
いつまで続ければいいという期限もなく、その生活を無理なく感じなれるようになるまで、ストレスを受け続けることになります。

ダイエットには向き不向きがあります。
ダイエット成功者の多くはスポーツが好きだったり何に対してもストイックだったり、根底がダイエットという行為に向いている方が多いのです。
体を動かすのが苦手。人に流されやすく意思が弱い
こんな方は残念ながらダイエットには向いていません
人の性格がなかなか変わらないように、これまでの生活や習慣を変えるることはとても難しいことなのです。

だからといってダイエットを諦めてはいけません
肥満でなくなることは心を豊かにしますし、これまでに見ることができなかった世界が目の前に広がるでしょう。

トレーニングや食事制限によるダイエット以外に痩せる方法として、本記事タイトルにも記した脂肪溶解注射というものがあります。
脂肪溶解注射は美容クリニックで行われる施術のひとつで、名前から想像がつくとおり痩せたい部分に注射し、脂肪を溶かしてしまおうという方法です。

辛いダイエットはもうしたくない!

そんな方はこの脂肪溶解注射によるダイエット施術を検討してみてはいかがでしょうか。

脂肪溶解注射とは

ダイエット施術というと脂肪吸引が有名ですが、この脂肪溶解注射は「切らない」ことが大きな特徴です。
既に日本においても脂肪溶解注射による小顔施術は女性の間では当たり前のように行われており、その効果も高く評価されています。

脂肪溶解注射とはいったいどのような施術なのでしょうか。
脂肪溶解注射の特徴や効果、注意点などについてまとめていきたい思います。

脂肪溶解注射の特徴

脂肪溶解注射は前述の通り「切らない」施術です。
そのためダウンタイム(腫れや痛みが伴う時間)が短く、おおむね施術日当日中には落ち着きます。
女性がほうれい線を目立たなくするためにヒアルロン酸注射を打ちますが、そのくらいに手軽な施術内容となります。

脂肪溶解注射を打つことで得られる主な作用は「脂肪分解作用」「リンパ循環作用」「肌の引き締め作用」です。
脂肪を溶解・分解し、他の老廃物と一緒に排出、脂肪がなくなることでたるんでしまう肌を引き締めるといった流れで痩せていきます。

この作用は脂肪溶解注射を打った部位にのみ働きます。
どなたでも「痩せにくい部位」があると思います。
特定部位だけ痩せられるというのも脂肪溶解注射の特徴です。

脂肪の溶解・分解には少し時間を要し、最短で施術の3日後に効果が表れます。
個人差や使用する脂肪溶解注射の種類により異なりますが、一般的には1度の施術では効果は少なく、2~3回程度の施術が必要となります。

ここまでの説明で「見た目にわかるほどの痩身効果は得られなそう」と感じたかもしれませんが、脂肪溶解注射の一番の特徴はリバウンドしにくいことです。
脂肪溶解注射は脂肪細胞自体を消失します。
脂肪細胞とは簡単にいうと肥満の種です。
この種自体が減少するので、脂肪が増えづらくなるのです。

脂肪溶解注射の種類

小顔注射として有名な「BNLS neo」や脂肪細胞の消失効果が高くボディ向けの「MITI(メイティ)」、筋肉がつきやすい腕や足の痩身に効果がある「ボトックス」などがあります。
それぞれの特徴などについて下表にまとめます。

名称 特徴 適用部位
BNLS neo 脂肪分解作用・肌の引き締め作用・リンパ循環作用という3つの作用により、血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の排出を促します。 主に顔(頬やフェイスラインなど)
ボディにも使用可能(上腹部・下腹部・脇腹・臀部・太腿など)
MITI 脂肪に直接注入することで脂肪細胞の細胞膜を溶解し、脂肪細胞そのものを消失させる成分を多く含有しているため、他の薬剤よりも効果が出やすいことが特徴です。 ボディ(上腹部・下腹部・脇腹・臀部・太腿など)
ボトックス ボトックスは主に筋肉に作用する注射です。2~3日で薬の効果がではじめて、約3ヶ月後には、顔、ふくらはぎや二の腕、太ももの筋肉がついた部位が痩せていきます。 主に腕や足など筋肉質な部位
顔にも使用可能

顔が痩せにくい方が意外と多く、その場合は「BNLS neo」を使用することになると思います。
ウエスト周りの脂肪は「BNLS neo」だと効果が薄く、「MITI」を使用することになると思います。
なお、実際の施術内容については医師にご相談ください。

脂肪溶解注射を使用することのメリット・デメリット

ここまでの内容と重複する部分もありますが、脂肪溶解注射を使用することのメリット・デメリットについてまとめておきます。

メリット

  • 切らない施術なので体への負担が少ない
  • ダウンタイムが少ない
  • 主な成分が植物由来の注射のため安全
  • 痩せたい部分だけ痩せられる(メリハリボディを作れる)
  • 痩せ方にムラがでない(脂肪吸引はムラがでる可能性がある)
  • 効果が表れるのが早い
  • リバウンドしにくい

デメリット

  • 複数回の施術を行わなければならない可能性がある(施術回数が読めない)
  • 大幅な減量には向いていない(脂肪吸引など他の施術が必要)

とにかくデメリットが少ないのが脂肪溶解注射の良いところです。

施術回数については費用とも関係してくるので大きなデメリットとなりますが、1本ずつ様子を見て効果がありそうなら続けるといった選択もできるため、ためしてみる価値は大いにあると思います。
※施術費用については後述します。

前述の通り、脂肪溶解注射による脂肪細胞の消滅はリバウンドを起こりづらくしてくれます。
見た目に痩せられなかったとしても太りにくい体質を得られますので、まったくの無駄にはならないと考えます。

脂肪溶解注射はどこで施術できる?

小顔注射として「BNLS」を扱う美容クリニックは星の数ほどあります。
しかし、お腹周りなど体への脂肪溶解注射を扱う美容クリニックは限られてきます。

まず、無名なクリニックを選ぶことは絶対におすすめできません
料金が安くても、効果の少ない脂肪溶解注射を使用したり、酷いところだと希釈(薄める)したりすることもあるそうです。
このようなクリニックを選んでしまうと、通院回数が増え実質費用がかさんでしまうばかりではなく、いい加減な施術で体に悪影響を与える可能性もありますので注意しましょう。

選択の仕方としては、自分の痩せたい部位とその肉質などを考慮し、多くの施術手段を提案できるクリニックが良いでしょう。
たかが注射といえど医療なのです。きちんとした処方をしてくれるクリニックを選ばないと後悔することになります。

そうすると大手美容クリニックの中から選ぶことになりますが、脂肪溶解注射のみで考えると今回ご紹介した「BNLS neo」「MITI」「ボトックス」すべての取り扱いがあり、施術料金も良心的な湘南美容クリニックがわたしの一番のおすすめとなります。
小顔の施術としては城本クリニックも良いのですが、ボディ用脂肪溶解注射として効果がある「MITI」の取り扱いがないため、お腹周りのスリム化を望むのであれば湘南美容クリニックの一択で問題ないと思います。

湘南美容クリニックの強み

CMでもおなじみの湘南美容クリニックですが、特に男性には馴染がないと思いますので、簡単に特徴などご紹介しておきたいと思います。

  • クリニック数全国が81院
    きっとあなたの最寄りのターミナル駅にもクリニックがあります。
  • モニター制度あり
    体験談を書くことを前提にモニターとして格安料金で施術を受けることも可能です。
    これは施術内容に対する自信の表れだと思います。
  • 保証制度
    施術による効果が得られなかったと認められた場合、再施術などの対応を行ってくれます。
  • 男性向け施術も多い
    美容クリニックは女性専用だったりすることが多いのですが、湘南美容クリニックではAGAやヒゲ脱毛など男性特有の案件も扱っています。
    もちろん脂肪溶解注射の施術は男性でも受けられます。
  • 豊富な施術内容
    脂肪溶解注射によるダイエット以外にも施術を受けたい。
    そんな方は並行して他の施術を受けることが可能です。
    医師に相談すると「こんなこともできるんだ」という発見があるかもしれません。

脂肪溶解注射の施術費用

さて、気になる脂肪溶解注射の施術費用ですが、本記事掲載時点で下表のとおりとなっています。
比較対象として城本クリニックのBNLSの費用も掲載させていただきました。
湘南美容クリニックがいかに良心的かご理解いただけると思います。
目安となる必要量は湘南美容クリニック公式ホームページ記載の一部を引用しています。

美容整形の分野なので、残念ながら保険は利きません。
なお、MITIなどは前述のモニター制度を利用することで、かなり安く施術を受けることができます。

脂肪溶解注射の種類 湘南美容クリニック 城本クリニック(参考) 目安となる必要量
BNLS neo 3,780円/本
※10本以上なら3,600円/本
9,800円/本 下腹部 10本~
(合計:36,000円~)
MITI 21,800円/本
※モニター価格 15,800円/本(4本以上)
下腹部 2本~
(合計:43,600円~)
ボトックス 51,000円~/回 二の腕
(合計:51,560円)

お腹周りの施術見積(参考)

一番脂肪がつきやすく見た目的にもスッキリとさせたいお腹周り
脂肪溶解注射としてはMITIを使用することになると思いますが、実際には何本使うことになり、費用はいくらになるのでしょうか。

脂肪を落としたいのは下腹部とウエストだとしましょう。
標準的な本数としては下腹部 2本、ウエスト左右1本ずつの計4本
モニター制度を利用したとして15,800円×4=63,200円となります。

パーソナルトレーニングジムの相場が2ヶ月で200,000円です。
脂肪溶解注射1回で効果が出たとしたら、かなりの安上がりですね。
もし少ししか効果が出なかったとして、上のパターンで脂肪溶解注射を3回繰り返したとしても189,600円です。
ここまで打つことになることはないと思いますが、これでもパーソナルトレーニングジムにかかる費用を下回ります

注射のチクンを少し我慢するだけ。
疲労感もなければストレスもない。
しかもリバウンド知らず。
施術保障もあります。

運動が苦手。我慢もできない。
医療の世界、人体の話ですので100%とは言えませんが、お金を払ってストレスを抱えつつダイエットをするよりも、最新の医療技術でラクして痩せることにお金を使った方が得策ではないか。
そんな時代に突入しているんだなとわたしは考えています。

施術までの流れと注意点

まずはホームページよりカウンセリング(無料)の予約を行います。
実際の施術内容はそのカウンセリング時に決定します。

ここでひとつ忠告があります。
美容クリニックというのは一般的にこちらが希望することよりも色々なことをさせたがります

ご一緒にポテトはいかがですか?

これと同じ商法です。

湘南美容クリニックだからとか、城本クリニックだからとか、高須クリニックだからということではありません。
美容家からすれば、色々なところが気になって仕方ないみたいです。

カウンセリングを受けるまでに、自分がどうなりたいかは事前に意思を固めておきましょう
もし意思と反する提案を受けた場合、断る勇気も必要です。
逆に自分の意思を聞いてくれなかったとしたら、こうなりたいとアピールしましょう。
カウンセリングとはそういう時間です。
自分の理想を叶えるため医師の先生との医師の疎通を図りましょう。

カウンセリングを行い施術内容が決まれば、あとは医師の先生に身と心を任せます。
きっと良い方向に導いてくれます。

話が少し脱線しましたが、脂肪溶解注射では痩せたい部位に注射をします。
痛みや腫れなどほぼありません。
遅くとも翌日には普通に生活できます。
インフルエンザの予防接種のあと「激しい運動はしないでください」と言われるくらいのダメージだとお考え下さい。

1~2週間程度経過を見て、その後もう一手を打つかどうかを決定します。
医師の先生と相談し、ご検討ください。

店舗確認及び無料カウンセリング

店舗がお近くにあるか湘南美容クリニックの公式ホームページで確認しましょう。
通える圏内にクリニックがあったなら、無料カウンセリングのWEB予約を行いましょう。
※WEB予約には会員登録(無料)が必要です。
※会員登録すると施術料金の支払いに使える3,000ポイントが貰えます。

公式ホームページへは以下「湘南美容クリニック」ボタンよりアクセスできます。
※PC・タブレット・スマホ共通

PC・タブレット画面

スマホ画面

施術後コメントのお願い

施術後の成果や感想などについて、本記事のコメント欄でいただけると幸いです。
現在、ダイエットに取り組んでいる方々の参考・応援になります。

ダイエットコラムカテゴリの最新記事